2020年07月30日

通信制高校という選択

通常の普通科高校から通信制高校に転学した生徒を教えたことがあります。
その生徒は通信高校卒業後に大学へ進学しました。

教えていて驚いたのは、通信制高校のカリキュラムにはとてもゆとりがあることです。
月に3〜4回程度のスクーリングがあり、そこで勉強をしたり分からないところを
質問したりするそうです。
そして、課題やレポートを期日までに提出し、テストを受ける、という流れです。
平均的な学力の生徒なら単位を取って卒業することは容易です。
毎日学校に行くわけではないので、生活のリズムを一定に整えることが
難しいかもしれません。

もちろん通常の高校のような30〜40人というクラスを作るわけではないので、
友達との交流は少なくなるでしょう。しかし、人間関係で困っている場合は、
このような学習の方が合っているでしょう。

また、やりたいことがはっきりしている場合には、
必要な単位を取って高校を卒業するというのはしやすくなりますので、
空いている時間を自分のやりたいこと、例えば大学進学の勉強などに
あてることができます。

今では、中学卒業時に初めから通信制高校を選択するということが
選択肢の1つとなっているそうです。

通信背高校も選択肢として考えるのはどうでしょうか?
posted by ナカウラ at 12:45| Comment(0) | 日記

2020年07月27日

進路実現の方法はいくつかある。

高校を中退して、高卒認定試験に合格して大学に進学した例もあります。
高校を途中で通信制に転学して、大学合格した生徒もいます。

道は1つではありません。
どうぞ、ご相談ください。
posted by ナカウラ at 20:43| Comment(0) | 日記

2020年06月26日

中浦教室ワンポイント講座 第5回 高2 直線の方程式



高2で習う「直線の方程式」の解き方を、中学の内容と比較して解説します。
posted by ナカウラ at 15:54| Comment(0) | 日記